婚活

相手選びで顔は重要?イケメンと結婚して良かったこと

婚活
スポンサーリンク

当ブログ記事には広告が含まれます。

こんにちは。夫の顔が大好きな、しょうこです。

結婚相手を選ぶときの条件って、色々ありますよね。「年収」「学歴」「身長」等を思いつく人が多いですが、「イケメンかどうか」が重要な人もいるでしょう。

「顔じゃなくて中身が大事」とは言いますが、実際に私は結婚生活を送ってみて、「イケメンと結婚して良かった」と思うこともあります。

というわけで今回は、「イケメンと結婚して良かったこと」というテーマで、のろけながら好き勝手に語ります。

結婚相手選びのヒントになれば嬉しいです。

スポンサーリンク

イケメンと結婚して良かったこと

顔を見るだけで幸せな気分になれる

夫の顔を見るだけで、幸せな気分になれます。馬鹿げてると思うかもしれませんが、事実です。

結婚してから数年経っていますが、今でも夫の顔を見てカッコいいと思います。

結婚したときは、数年間もこんな状態を維持できるなんて、全く思っていませんでした。

当時は「どうせ結婚してしばらく時間が経って慣れたら、カッコいいなんて思わなくなる。今のうちだけ楽しんでおこう。」と考えていました。

でも結婚してから数年間ずっと、私にとって夫はイケメンです。毎日イケメンを拝めるなんて、今の夫と結婚できて本当に良かった。

ケンカしても気持ちを落ち着かせられる

ケンカしたときも、イケメンと結婚しておいて良かったと思うことがあります。

夫の顔を見ながら話し合いをしていると、「まあカッコいいからいっか」なんて、気持ちが落ち着いてくるんです。

そして夫が「ごめんね。俺が悪かったよ……」と言ってくるときの顔がまたとても愛おしい。

こんな風に思えるのも、おそらく夫がイケメンだから。ケンカという場面でも効力を発揮してくれるなんて、ありがたい。

安い服を着せても様になる

イケメンは、ユニクロのTシャツを1枚着せるだけでも様になります。

無理に着飾る必要がないので、コスパがいいです(笑)

もちろん、ちょっといい服を着せたときは、さらにカッコよさが増します。

心の底から相手に「イケメン!」と褒め言葉を言える

私が夫のことを本気でイケメンだと思っているので、心の底から「今日もイケメンだね!」と声をかけることができます。

私たち夫婦は、互いの信頼関係を築くために、できるだけ褒め言葉を口に出すようにしています。

何か褒めたいけど、何を褒めようか一瞬迷ったときは、とりあえず「イケメン!」と言っておきます(笑)

雑だけど、互いの気分を良くするコミュニケーションとして、大切にしています。

しょうこ
しょうこ

逆に、夫は私のことを「可愛い」「美人」と言ってくれます。本心かどうかは分からない!

他人が「イケメン」と思うか気にする必要はない

ここまで「イケメン」を連呼してきましたが、私の夫が他人から見てイケメンで、女性にモテるような人かどうかは知りません。

夫が他の女性と私的に交流しているところを、今まで見たことがないからです。

私の知人に写真を見せて「イケメン」と言ってくれるのは、お世辞もあるでしょうから、参考になりません。

でも他人がどう思っているかなんて、関係ないと思います。

別に他人から見たらイケメンじゃなくても、自分がパートナーの顔を見て「イケメン」と思って満足していれば十分。

好みだって、人それぞれです。

例えば私の場合、阿部寛さんのようなタレ目の男性が好みです。ガタイが良ければ、なお好み。

メディアで「イケメン」と言われている人でも、ツリ目の人はイケメンだと思えません。怖い顔をしてる人だと思ってしまうことさえあります。

でも私の友人は、細くてスラッとしているツリ目の男性が大好き。目をキラキラ輝かせて「イケメン!!!」と私に紹介してきます。

もちろん友人は、私好みの男性には興味がないようです。

「イケメンかどうか」は、主観的な考えでしかないと思います。

イケメンでも中身が伴っていなければ結婚する意味なし

で、見た目だけの問題なのかという話なんですが、もちろんそうではありません。

内面の良さも伴っていることが、「結婚して良かった」と思えるイケメンの必須条件。

いくらイケメンでも性格が良くない人では、結婚してもうまくいかないと思います。

むしろ内面の良さが、イケメン度をアップさせます。

私の夫も内面がステキな人だから、よりカッコよく見えるのかもしれません。

結婚後「イケメンだね」と言い続けるともっとイケメンになる

私は結婚してからずっと夫に「イケメンだね」と声をかけ続けてきました。そしたら出会ったときよりも、さらに夫がイケメン(私好み)に!

おそらく「イケメンだね」と言われたときの容姿や振る舞いを、その後も繰り返し再現するようになるから。

  • 夫が髪をカットしたとき「今回の髪型カッコいい!めっちゃイケメン!」と言うと、その後は同じオーダーでカットしてくるようになる
  • 服を購入したとき「今回の服装カッコいい!めっちゃイケメン!」と言うと、その後は同じような服ばかり着るようになる
  • 「筋肉カッコいい!イケメン!」って言うと、筋トレやダイエットを頑張るようになる
しょうこ
しょうこ

「男って単純ね」って、まさにこのこと(笑)

また褒め言葉をかけ続けたことで、私たち夫婦の距離は、出会ったときよりも近くなっているように感じます。

夫が私に心を開き、いつも笑顔で接してくれているのも、夫がイケメンに見える理由のひとつかもしれないです。

しょうこ
しょうこ

イケメンの笑顔は尊いです

まとめ

今回は「イケメンと結婚して良かったこと」というテーマで、のろけながら好き勝手にお話ししました。

結婚生活では、顔を突き合わせてじっくり会話する機会も多いです。知らず知らずのうちに、相手の顔の印象が会話の内容に影響していることもあります。

「結婚相手選びの要素として、顔は重要である」ことは認識しておくといいでしょう。

ただし好みの顔だけにこだわり続けるのも、婚活が難航しそうなので、程度を考える必要があります。

結婚後の生活習慣やコミュニケーションでも、相手の容姿が変化することを踏まえて、結婚相手を探せるといいかもしれないですね。

皆さまも、ステキな人生のパートナーに巡り会えますように!

タイトルとURLをコピーしました