婚活

キャリアウーマンが結婚できない理由

婚活
スポンサーリンク

こんにちは。婚活して夫に出会った、しょうこです。

忙しく働いていると、なかなか結婚のことなんて考えている暇はないですよね。

私も専門の資格をとって、大学を卒業してから必死に働いていたので、真剣に結婚のことを考える余裕はありませんでした。

そんなとき、漫然と交際していた彼氏に振られ、「そういえば私は結婚したいのかな?」と、考えるようになりました。

でも、そのときの私は、自然に結婚相手に出会える状況ではなくなっていたのです。

そこで今回は、私の経験をふまえながら、「キャリアウーマンが結婚できない理由」というテーマでお話しします。

こんな悩みにお答えします
  • キャリアウーマンが結婚できない理由って何?
  • 結婚って、しなきゃいけないの?
  • キャリアウーマンが結婚するメリット・デメリットは?
スポンサーリンク

キャリアウーマンが結婚できない理由

キャリアウーマンが結婚できない理由について、お話しします。

忙しくて出会いが少ない

1つ目の結婚できない理由は、「忙しくて出会いが少ない」です。

仕事に夢中になっていると、仕事に関わる人との交流だけで、その他の出会いはほとんどありません。

ただ、「職場で恋愛・結婚はちょっとしづらい」「職場は既婚者ばかり」という場合もあると思います。

しょうこ
しょうこ

私も職場で結婚相手探しをしづらい状況だったので、自然な出会いに期待することはできませんでした。

結婚相手の対象になる人との出会いが少なければ、結婚はしにくいでしょう。

結婚・出産でキャリアを失うのが嫌だ

2つ目の結婚できない理由は、「結婚・出産でキャリアを失うのが嫌だ」です。

「結婚したら、子どもをつくって仕事をやめることになる」というイメージがある人も多いのではないでしょうか。

そうすると、キャリアを継続したいと思っている人は結婚を避けますよね。

ただ実際のところ、結婚後に仕事をやめている女性はそんなに多くありません。

既婚男性を対象にした調査では、次のような結果が出ています。

配偶者(妻)が働いている割合は9割超。雇用形態は62.8%で「正社員(一般社員)」が最多。次いで、16.2%が「正社員(管理職)」と回答。

―「国際女性デー」にあわせ、“女性の結婚とキャリア”について配偶者である既婚男性に意識調査!― 7割以上の既婚男性が「妻に働いてほしい」と回答 妻に希望する雇用形態は「正社員(一般社員)」が最多で5割 ~妻にキャリアを積んでほしい理由は、「イキイキしてほしいから」が最多~ | プレスリリース | 海外挙式・海外ウェディング・結婚式なら【ワタベウェディング】, WATABE WEDDING, ワタベウェディング, 閲覧日 2021年4月9日, https://www.watabe-wedding.co.jp/company/press/info/detail.html?press_id=723

「結婚でキャリアを失うかもしれない」と、ひどく心配する必要はなさそうです。

しょうこ
しょうこ

私も結婚後、問題なく仕事を続けることができましたよ。

結婚しなくても生きていける

3つ目の結婚できない理由は、「結婚しなくても生きていける」です。

キャリアウーマンであれば、収入もほどほどにあるでしょうから、経済的に男性に頼る必要はありません。

だから、1人でも生きていくことができます。

すると、「わざわざ結婚しなくてもいいかな」と思うようになるかもしれません。

相手男性が敬遠しがち

4つ目の結婚できない理由は、「相手男性が敬遠しがち」です。

ある程度の収入があると、相手男性は少しあなたを敬遠するようになるでしょう。

男女平等社会である昨今では、相手の収入なんて、それほど気にする必要はないはずです。

ただ、出産・育児のときに女性の収入が減ったら、男性の収入を頼りにしたいのも事実です。

そういった現実問題に目を向けたとき、女性のほうがあまりに収入が高いと、男性が不安になるのも仕方ないでしょう。

キャリアウーマンが結婚するメリット

結婚は「必ずしなきゃいけないこと」ではありません。

だから、キャリアウーマンが結婚することのメリット・デメリットを考えたうえで、「結婚は自分に向いているか」を判断すべきだと思います。

まずは、キャリアウーマンが結婚するメリットについて紹介します。

2人の生活は効率的

1つ目のメリットは、「2人の生活は効率的」です。

1人暮らしだと、家事をするのは億劫ですよね。

できるだけ効率化したいものです。

そんなとき、2人で一緒に暮らしていれば、役割分担して効率的に家事を済ませることができます。

仕事が忙しいからこそ、家事を分担して協力しあえるパートナーがいるのは良いことです。

心の支えができると、仕事をさらに頑張れる

2つ目のメリットは、「心の支えができると、仕事をさらに頑張れる」です。

私たち夫婦は、結婚してから仕事のやる気がアップしました。

仕事で失敗しても、以前よりくじけにくくなって、堂々と立ち振る舞うことができるようになったのです。

「いつでも自分の味方になってくれる人がいる」という安心感は、仕事をしているときも、自信をもたらしてくれます。

新しい家族との経験が仕事に活きる

3つ目のメリットは、「新しい家族との経験が仕事に活きる」です。

例えば、夫婦間のコミュニケーションも仕事に活かすことができます。

夫婦の共同生活では、相手に素直な気持ちを丁寧に伝えるコミュニケーションが大切。

それって、仕事でも大事なことですよね。

普段の生活でのコミュニケーションが多くなることで、仕事でのやりとりもスムーズになるはずです。

他にも、家族・子育てに関する知識は、サービス開発や顧客対応に活かせる場面もあるでしょう。

仕事に活かせる経験を積めると思ったら、結婚も前向きに考えられるのではないでしょうか。

キャリアウーマンが結婚するデメリット

反対に、デメリットにはどんなものがあるか、紹介しますね。

2人の関係が悪くなると、仕事にも悪影響が出る場合がある

1つ目のデメリットは、「2人の関係が悪くなると、仕事にも悪影響が出る場合がある」です。

もし夫婦間でトラブルがあった場合、精神的なストレスによる不調などが原因で、仕事のパフォーマンスが悪くなる可能性があります。

仕事中に嫌なことを思い出したり、なかなか集中することもできないでしょう。

私生活と仕事を切り分けている人は多いと思いますが、人間ですから、完全に切り分けるのは無理です。

自由でなくなる

2つ目のデメリットは、「自由でなくなる」です。

結婚すると、お金や時間の使い方について、パートナーと相談しなければならないことが多いです。

独身時代より、確実に自由度は低くなります。

しょうこ
しょうこ

でも、そうやって相談できる相手がいるのは、良いことでもあるのかな、と思います。

結婚したいと思っているなら

もしあなたが「結婚したい」と思っているなら、自然な出会いに期待しすぎず、婚活することをオススメします。

「いい人がいたら結婚しようかな」なんて思っていても、結婚のチャンスはそんなに多くありません。

また、しっかり働いていて忙しい場合、「ヤリモク・遊び人に会って時間を浪費したくない」と思いますよね。

しょうこ
しょうこ

私も最初はマッチングアプリに挑戦しようと思いましたが、真面目な人を見抜くのに時間がかかると思って、断念しました。

そんなときは、独身証明書などの証明書提出があるサイトや結婚相談所を利用すると良いでしょう。

仕事の調子を考えながら、無理のない範囲で婚活に取り組むといいと思います。

ちなみに私は結婚相談所で活動して、スピード婚しました。

パパっと結婚できたので、婚活のせいで仕事の調子が崩れることはありませんでした。

まとめ

今回は、私の経験をふまえながら、「キャリアウーマンが結婚できない理由」というテーマでお話ししました。

キャリアウーマンが結婚できない理由
  • 忙しくて出会いが少ない
  • 結婚・出産でキャリアを失うのが嫌だ
  • 結婚しなくても生きていける
  • 相手男性が敬遠しがち

結婚は「必ずしなきゃいけないこと」ではありません。

だから、キャリアウーマンが結婚することのメリット・デメリットを考えたうえで、「結婚は自分に向いているか」を判断すべきだと思います。

キャリアウーマンが結婚するメリット
  • 2人の生活は効率的
  • 心の支えができると、仕事をさらに頑張れる
  • 新しい家族との経験が仕事に活きる
キャリアウーマンが結婚するデメリット
  • 2人の関係が悪くなると、仕事にも悪影響が出る場合がある
  • 自由でなくなる

もしあなたが「結婚したい」と思っているなら、自然な出会いに期待しすぎず、婚活することをオススメします。

仕事の調子を考えながら、無理のない範囲で婚活に取り組むといいと思います。

皆さまも、納得のいく選択で楽しい人生を送れますように!

▼ラジオ【stand.fm】でも情報配信中

タイトルとURLをコピーしました