≫ ラジオ配信はじめました【stand.fm】

オーネットとツヴァイの違いを分かりやすく比較してみました

結婚相談所

こんにちは。オーネットで夫に出会った、しょうこです。

オーネットとツヴァイは、どちらもデータマッチング型の結婚相談所として有名です。

データマッチング型の結婚相談所に入りたいと考えている方は、どちらの結婚相談所に入ろうか迷っているのではないでしょうか。

しょうこ
しょうこ

私も婚活を始めるとき、オーネットとツヴァイのどちらに入会しようか、とても迷いました。

そこで今回は、オーネットとツヴァイの違いについて、お話しします。

こんな悩みにお答えします
  • オーネットとツヴァイの違いって何?
  • どちらの結婚相談所に入会すればいいの?

成婚退会したオーネットをオススメしたい気持ちが強くなりがちですが、できるだけ客観的に紹介していきますね。

オーネット

オーネットとツヴァイの大まかな違い

まず、だいたいのイメージを掴んでもらうために、大まかな特徴を紹介します。

オーネットの特徴
  • データマッチングによる出会い(50,041名対象)がメイン。
  • データマッチングの場合、「メッセージ交換→各自デートの約束→デート」という活動の流れになる。
  • メッセージ交換中にデートに誘う必要があるので、少し積極性がある人にオススメ。
  • 成婚料は無料。
ツヴァイの特徴
  • 最近はIBJ会員検索による出会い(91,961名対象)がメイン。
  • IBJ会員検索の場合、「最初からお見合い」という活動の流れになる。
  • アドバイザー経由での相手の気持ち確認等、手厚いサポートがある。
  • IBJ会員検索で出会った場合、成婚料は200,000円。

運営会社: どちらも歴史の長い会社が運営

運営会社の違い
  • オーネット: 株式会社オーネット
  • ツヴァイ: 株式会社ZWEI

株式会社オーネットは、2020年4月5日に前身企業の設立から40周年を迎えました。

歴史の長い、信頼できる運営会社です。

株式会社ツヴァイも、創業37年と歴史の長い会社です。

しょうこ
しょうこ

どちらの結婚相談所も、よっぽどのことが無い限り、急に潰れたりする心配は要らなさそうです。

ただし、ここで注意すべきなのは、ツヴァイが2020年に様々な婚活事業を展開している株式会社IBJ傘下になったということです。

(株)IBJとの連携後、ツヴァイにIBJ関連の大きなサービスが追加されています。

ツヴァイを「完全なデータマッチング型結婚相談所」とみなしてオーネットと比較することは、難しくなりました。

しょうこ
しょうこ

ツヴァイに関しては、(株)IBJとの連携前(2020年より前)の情報はあまり参考にならない場合もあります。

拠点数: ツヴァイが10店舗多い

拠点数の違い
  • オーネット: 全国40支社
  • ツヴァイ: 全国50店舗

拠点数は、ツヴァイのほうが多いです。

オーネットとツヴァイで、カバーできている地域が異なります。

しょうこ
しょうこ

どちらの結婚相談所に入会するにしても、あなたの居住地域がサポート対象になっているか、きちんと確認してから入会しましょう。

成婚退会者数: オーネットが多い

成婚退会者数の違い
  • オーネット: 5,676人(2019年1月~12月実績。会員同士の成婚退会者数のみ。)
  • ツヴァイ: 5,427名(2018年3月~2019年2月実績。)

オーネットの成婚実績は、会員同士の成婚退会者数のみの実績です。

会員以外の方との婚約・結婚による退会者は含みません。

一方、ツヴァイは会員同士に絞らない成婚退会者数です。

つまり、オーネットの会員以外との婚約・結婚による退会者数も含めて比較すれば、2019年までの実績については、オーネットの成婚退会者数の多さが際立つと考えられます

ただし、前述のとおり、ツヴァイは2020年に(株)IBJ傘下となりました。

IBJのパワーも加味されることになるので、今後の実績については、予想が難しいです。

会員数: 連盟会員を含めると、ツヴァイが多い

会員数の違い
  • オーネット: 50,041人(2020年1月1日現在。自己都合・交際等により一時的に活動を休止中の会員を含む)
  • ツヴァイ(単体): 不明
  • ツヴァイ(IBJ加盟会員合計数): 91,961名(2019年2月時点。)

オーネットの会員数は、オーネットに入会している純会員数です。

一方、ツヴァイが公開している会員数は、IBJ(日本結婚相談所連盟)加盟会員の合計数となっています。

しょうこ
しょうこ

ツヴァイ単体の会員数については、公式情報を確認できませんでした。

ツヴァイはIBJグループなので、ツヴァイの会員、IBJに加盟している他の結婚相談所の方と、出会うこともできます

会員の年齢層: 20~39歳の割合はオーネットが多い

20~39歳の割合の違い
  • オーネット: 【女性】74%、【男性】55%
  • ツヴァイ: 【女性】59%※、【男性】36%※

会員プロフィールの年代の内訳を参照し、筆者が計算(小数点第一位を四捨五入)

オーネットのほうが、40歳未満の人が男女共に多い傾向にあります。

結婚相手に対する希望条件として、年齢は重要視されることが多いです。

あなた自身に適した市場を選ぶために、参考にすると良いでしょう。

料金: オーネットのほうがコスパがいい

オーネット(プレミアムプラン)ツヴァイ(ご紹介コース)ツヴァイ(ご紹介+自由検索コース)
入会時費用(入会金 + 初期費用)106,000円98,000円98,000円
月会費13,900円13,800円15,800円
休止中の月会費2,000円1,500円1,500円
成婚料0円0円200,000円

※料金は全て税別です。

オーネットの通常プランは、プレミアムプランのみです。

ツヴァイの通常プランは、「ご紹介コース」「ご紹介+自由検索コース」の2種類があります。

ただし、「ご紹介コース」の場合は、IBJ加盟の会員検索をすることができません

結婚相談所に入ってイメージする、「1年後に結婚」を想定して、費用を試算してみます

真剣交際に入って休会するまでの通常活動期間を半年、真剣交際の期間を半年としたら、成婚料を除く費用は次のようになります。

オーネットの費用

入会時費用 + 月会費 + 休止中の月会費
= 106,000 + (13,900 * 6) + (2,000 * 6)
= 106,000 + 83,400 + 12,000
= 201,400

ツヴァイ(ご紹介コース)の費用

入会時費用 + 月会費 + 休止中の月会費
= 98,000 + (13,800 * 6) + (1,500 * 6)
= 98,000 + 82,800 + 9,000
= 189,800

ツヴァイ(ご紹介+自由検索コース)の費用

入会時費用 + 月会費 + 休止中の月会費
= 98,000 + (15,800 * 6) + (1,500 * 6)
= 98,000 + 94,800 + 9,000
= 201,800

大体、どのコースも20万円くらいになりました。

ここで注意したいのは、「成婚料」です。

ツヴァイ(ご紹介+自由検索コース)の場合、IBJ加盟会員と成婚したら、成婚料200,000円を支払わなくてはなりません。

ツヴァイに入会する場合は、成婚料200,000円を支払う心構えで、利用したほうが良さそうです。

ツヴァイ(ご紹介コース)なら成婚料はかかりませんが、ツヴァイの単体会員数が不明なので、個人的にはあまりオススメしません。

そうすると、オーネットのプレミアムプランが一番コスパが良いと感じられます

オーネット

無料体験: どちらもあるが、診断内容が異なる

無料体験

どちらも無料診断ですが、診断内容が異なります。

オーネットの結婚チャンステストでは、データマッチングの簡単なシミュレーションを行い、マッチングした既会員の情報※を知ることができます

※個人を特定する情報は含まれません。

ツヴァイの恋愛傾向チェックでは、価値観に関する簡単な30の質問に答えることで、あなたの恋愛傾向を6つの観点で分析し、アドバイスしてもらえます

しょうこ
しょうこ

マッチング相手を具体的に知りたいなら「結婚チャンステスト」、自分の恋愛傾向を知りたいなら「恋愛傾向チェック」を受けてみるといいですね。

出会いの方法: 種類はツヴァイが多いが、注意点がある

出会いの方法オーネットツヴァイ(ご紹介コース)ツヴァイ(ご紹介+自由検索コース)
データマッチングデータマッチング条件マッチング条件マッチング
プロフィール検索プロフィール検索×プロフィール自由検索
写真検索オーネットパスインプレッションマッチングインプレッションマッチング
価値観によるマッチング×価値観マッチング価値観マッチング
店舗掲示板×PRボード(有料)PRボード(有料)
仲人による引き合わせコーディネートサービス(有料)ハンドメイドマッチング(有料)ハンドメイドマッチング(有料)
パーティーパーティー・イベント(有料)パーティー・イベント(有料)パーティー・イベント(有料)

出会いの種類は、ツヴァイが多いです。

ただし、IBJ加盟会員に出会えるのは、ツヴァイ(ご紹介+自由検索コース)のみのサービスである「プロフィール自由検索」です。

ツヴァイ(ご紹介コース)では、マッチング対象の人数が91,961名ではないことを、頭に入れておきましょう。

データマッチングの紹介書: 「双方に送るか」「メッセージ交換前に顔写真を見られるか」の違いがある

紹介書の違い
  • オーネット: 片方にだけ送る。メッセージ交換前の顔写真は見られない。
  • ツヴァイ: 双方に送る。メッセージ交換前に顔写真を見ることができる。

オーネットもツヴァイも、通常プランであれば、データマッチングによる紹介書で、毎月6名を紹介してもらえます。

また、どちらも双方向マッチング(あなたと相手、双方の希望条件がマッチすること)を行っています。

ただし、紹介書を送る対象は、オーネットとツヴァイで異なります。

オーネットの場合は、紹介書を送る対象が、片方だけです。

だから、次のBさんのように、紹介数が6名でも、紹介書を通じて7人以上の人と出会うことが可能です。

  1. AさんとBさんがマッチング → AさんにBさんの紹介書を送る。
  2. BさんとCさんがマッチング → BさんにCさんの紹介書を送る。
  3. BさんとDさんがマッチング → BさんにDさんの紹介書を送る。
  4. BさんとEさんがマッチング → BさんにEさんの紹介書を送る。
  5. BさんとFさんがマッチング → BさんにFさんの紹介書を送る。
  6. BさんとGさんがマッチング → BさんにGさんの紹介書を送る。
  7. BさんとHさんがマッチング → BさんにHさんの紹介書を送る。

ツヴァイの場合は、紹介書を送る対象が、双方です

だから、次のBさんのように、紹介書で毎月出会える人数には、6名の上限があります。

  1. AさんとBさんがマッチング → AさんにBさん、BさんにAさんの紹介書を送る。
  2. CさんとBさんがマッチング → CさんにBさん、BさんにCさんの紹介書を送る。
  3. DさんとBさんがマッチング → DさんにBさん、BさんにDさんの紹介書を送る。
  4. EさんとBさんがマッチング → EさんにBさん、BさんにEさんの紹介書を送る。
  5. FさんとBさんがマッチング → FさんにBさん、BさんにFさんの紹介書を送る。
  6. GさんとBさんがマッチング → GさんにBさん、BさんにGさんの紹介書を送る。

紹介書で、より多くの人に出会いたいなら、オーネットがオススメです。

もう一つの違いは、「メッセージ交換前に顔写真を見ることができるか」です。

オーネットでは、メッセージ交換を承諾する前に、顔写真を見ることができません。

ツヴァイなら、写真を公開している人なら、メッセージ交換前に顔写真を見ることができます。

個人情報の取り扱いに注意したい場合は、オーネットが良いです。

メッセージ交換前に顔写真を見たい人には、ツヴァイをオススメします。

写真検索: 「支社以外で閲覧できるか」「有料オプションか」の違いがある

顔写真検索サービスの違い
  • オーネット: 支社の端末で検索する。3回まで無料。1回につき、10名に申し込める。
  • ツヴァイ: 来店せずに写真を閲覧可能。毎月4名に申し込める。

紹介書の説明でも触れたように、オーネットは、顔写真の取り扱いには慎重です。

メッセージ交換していない人の顔写真は、支社でしか見ることができません。

プライバシーのことを考えたら、ツヴァイよりもオーネットが良さそうです。

ただ、支社に行くのは面倒だとも思います。

気軽さを考えたら、オーネットよりもツヴァイが良いでしょう。

また、ツヴァイは毎月4名に申し込めますが、オーネットは4回目以降の利用が有料です。

写真検索サービスを何回も利用したいという人にも、ツヴァイがオススメです。

オーネットとツヴァイどちらが良いのか

それぞれ特徴があるので、向いている・好みの結婚相談所に入会すると良いでしょう。

オーネットとツヴァイの特徴をふまえて、おすすめな人をまとめました。

オーネットがオススメな人
  • 居住地域がオーネットのサポート対象。
  • 成婚退会者数が多い結婚相談所を選びたい。
  • 40歳未満である。
  • 成婚料は0円がいい。
  • データマッチングを通じて多くの人に出会いたい。
  • メッセージ交換前に顔写真を見られたくない。
ツヴァイ(ご紹介コース)がオススメな人
  • 居住地域がツヴァイのサポート対象。
  • 価値観マッチングに興味がある。
  • メッセージ交換前に顔写真を見たい。
  • 自宅から写真検索したい。
  • 「ご紹介+自由検索コース」にする前に、ツヴァイのサービスを試してみたい。
ツヴァイ(ご紹介+自由検索コース)がオススメな人
  • 居住地域がツヴァイのサポート対象。
  • 価値観マッチングに興味がある。
  • プロフィール検索を利用して、ツヴァイ会員以外の多くの人に出会いたい。
  • メッセージ交換前に顔写真を見たい。
  • 自宅から写真検索したい。

ツヴァイ単体の会員数が不明なので、「ツヴァイ(ご紹介コース)」はあまりオススメしません。

  • コスパがいい「オーネット(プレミアムプラン)」
  • 成婚料は高くても、多くの人に出会える「ツヴァイ(ご紹介+自由検索コース)」

のどちらかがいいと思います。

オーネット

まとめ

今回は、オーネットとツヴァイの違いについて、お話ししました。

オーネットとツヴァイの大まかな特徴は、それぞれ次のとおりです。

オーネットの特徴
  • データマッチングによる出会い(50,041名対象)がメイン。
  • データマッチングの場合、「メッセージ交換→各自デートの約束→デート」という活動の流れになる。
  • メッセージ交換中にデートに誘う必要があるので、少し積極性がある人にオススメ。
  • 成婚料は無料。
ツヴァイの特徴
  • 最近はIBJ会員検索による出会い(91,961名対象)がメイン。
  • IBJ会員検索の場合、「最初からお見合い」という活動の流れになる。
  • アドバイザー経由での相手の気持ち確認等、手厚いサポートがある。
  • IBJ会員検索で出会った場合、成婚料は200,000円。
オーネットとツヴァイの詳細比較
  • 運営会社: どちらも歴史の長い会社が運営
  • 拠点数: ツヴァイが10店舗多い
  • 成婚退会者数: オーネットが多い
  • 会員数: 連盟会員を含めると、ツヴァイが多い
  • 会員の年齢層: 20~39歳の割合はオーネットが多い
  • 料金: オーネットのほうがコスパがいい
  • 無料体験: どちらもあるが、診断内容が異なる
  • 出会いの方法: 種類はツヴァイが多いが、注意点がある
  • データマッチングの紹介書: 「双方に送るか」「メッセージ交換前に顔写真を見られるか」の違いがある
  • 写真検索: 「支社以外で閲覧できるか」「有料オプションか」の違いがある

それぞれ特徴があるので、向いている・好みの結婚相談所に入会すると良いでしょう。

皆さまも、結婚相談所で素敵なパートナーに出会えますように!

参考

オーネット

タイトルとURLをコピーしました