【結婚指輪の選び方】鋳造製法と鍛造製法の違いって何?

ブライダル

こんにちは。鍛造製法の結婚指輪を購入した、しょうこです。

結婚指輪を選び始めると、「鋳造製法」や「鍛造製法」といった言葉を目にするようになります。

でも、言葉だけ聞いても、どんな違いがあるのか分かりにくいですよね。

そこで今回は、鋳造製法と鍛造製法の指輪の違いについて、お話しします。

こんな悩みにお答えします
  • 鋳造・鍛造製法って何?どんな違いがあるの?
  • 鋳造と鍛造どちらを選べばいいの?

ゼクシィ

鋳造製法と鍛造製法の違い

鋳造製法と鍛造製法では、製造する方法に違いがあります。

製造方法によって、完成する指輪に次のような違いが生じます。

  • デザイン性
  • 変形のしやすさ
  • 傷つきやすさ
  • 納期
  • 価格

鋳造製法とは

まずは、鋳造製法について紹介します。

鋳造製法は、高温で溶かした金属を、指輪の型に流し込んで固めることで、指輪を成型する製法です。

金属を流し込むだけで、簡単に作ることができるので、大量生産も容易にできます。

ただし、高温で溶かした金属を型に流し込む際、気泡が混入して、金属の内部に「ス」という穴ができ、強度・硬度が落ちやすいです。

鋳造製法の指輪の特徴

では、鋳造製法の指輪の特徴を紹介しますね。

特徴1: 細かなデザインが可能

コンピュータを使用して、立体的なモデルの型を作成することが可能なため、繊細なデザインの指輪を作ることができます。

しょうこ
しょうこ

指輪のデザインの幅が広がりますね。

特徴2: 比較的、変形しやすい

強度が比較的低いため、強い力が加わったときに、変形してしまいやすいです。

ダイヤの爪(留め具)がゆるんでしまえば、ダイヤがポロッと落ちてしまうこともあります。

特徴3: 比較的、傷つきやすい

硬度が比較的低いため、キズがつきやすいです。

できるだけ長い時間着けたいという場合は、向いていなさそうですね。

特徴4: 短納期で仕上がる

金属を型に流し込むだけで作ることができるため、短納期で仕上がります。

事情があって、「できるだけ早く指輪を完成させたい!」という人は、鋳造製法の指輪を選ぶと良いでしょう。

特徴5: 比較的、購入価格を抑えられる

製造が簡単な鋳造製法の指輪は、短期間で大量生産することが可能です。

したがって、購入価格も抑えることができます。

鍛造製法とは

次に、鍛造製法について紹介します。

鍛造製法は、金属を加熱して叩いたり、プレスして圧縮することによって金属を鍛えてから、指輪を成型する製法です。

鍛えられた金属は引き締まり、密度が高くなります。

したがって、鍛造製法の指輪の強度・硬度は、鋳造製法の指輪の約2倍にもなります。

鍛造製法の指輪の特徴

では、鍛造製法の指輪の特徴を紹介しますね。

特徴1: 繊細なデザインの指輪は作りづらい

強度のある金属の塊を削って加工しなくてはならないため、繊細なデザインを実現するのは難しいです。

鍛造製法の場合、ストレートデザインの結婚指輪が多いです。

特徴2: 比較的、変形しにくい

強度があるため、変形しにくいです。

ダイヤの爪(留め具)も緩みにくいので、ダイヤがついた指輪が欲しいなら、鍛造製法の指輪を選ぶと良いでしょう。

しょうこ
しょうこ

私もダイヤが付いた鍛造製法の結婚指輪を数年間、毎日着用していますが、全然取れません。

また、密度が高いということは、金属表面がなめらかだということです。

そのため、鍛造製法の指輪は、しっとりと着け心地のいい指輪に仕上がります。

特徴3: 比較的、傷つきにくい

硬度が高いため、傷つきにくいです。

できるだけ長い間、結婚指輪を身に着けたい場合は、鍛造製法にすると良いでしょう。

特徴4: 納品までに時間がかかる

加工に時間がかかるため、購入してから受け取りまでの期間が長くなることが多いです。

結婚指輪の完成を急いでいる場合は、鍛造製法の指輪は向かないですね。

特徴5: 比較的、購入価格は高くなる

加工に手間・時間がかかるため、生産コストもかかります。

したがって、購入価格も、鋳造製法の指輪と比較すると、鍛造製法の指輪のほうが高くなる傾向にあります。

向いている製法の指輪の選び方

それぞれの製法の特徴を踏まえて、「鍛造製法の指輪が向いている人」と「鋳造製法の指輪が向いている人」の特徴について、まとめました。

特徴に当てはまる方の指輪を選ぶと良いでしょう。

鋳造製法の指輪が向いている人
  • ディテールデザインが作り込まれた結婚指輪が欲しい
  • できるだけコストを抑えたい
  • できるだけ早く納品してほしい
鍛造製法の指輪が向いている人
  • 傷つきにくい結婚指輪を長時間つけたい
  • ダイヤがついている結婚指輪が欲しい
  • つけ心地が良い指輪にしたい

まとめ

今回は、鋳造製法と鍛造製法の指輪の違いについて、お話ししました。

鋳造製法と鍛造製法では、製造する方法に違いがあります。

鋳造製法は、高温で溶かした金属を、指輪の型に流し込んで固めることで、指輪を成型する製法です。

鋳造製法の指輪の特徴
  • 細かなデザインが可能
  • 比較的、変形しやすい
  • 比較的、傷つきやすい
  • 短納期で仕上がる
  • 比較的、購入価格を抑えられる

鍛造製法は、金属を加熱して叩いたり、プレスして圧縮することによって金属を鍛えてから、指輪を成型する製法です。

鍛造製法の指輪の特徴
  • 繊細なデザインの指輪は作りづらい
  • 比較的、変形しにくい
  • 比較的、傷つきにくい
  • 納品までに時間がかかる
  • 比較的、購入価格は高くなる

それぞれの製法の特徴を踏まえて、「鍛造製法の指輪が向いている人」と「鋳造製法の指輪が向いている人」の特徴について、まとめました。

鋳造製法の指輪が向いている人
  • ディテールデザインが作り込まれた結婚指輪が欲しい
  • できるだけコストを抑えたい
  • できるだけ早く納品してほしい
鍛造製法の指輪が向いている人
  • 傷つきにくい結婚指輪を長時間つけたい
  • ダイヤがついている結婚指輪が欲しい
  • つけ心地が良い指輪にしたい

それぞれメリット・デメリットがはっきりとしているので、好みが分かれると思います。

ぜひ、パートナーと相談して、納得のいく結婚指輪を選んでくださいね。

皆さまも、素敵な結婚指輪に出会えますように!

参考

ゼクシィ

タイトルとURLをコピーしました