結婚相談所に入りたいけど費用が高いときの対策・考え方

結婚相談所

こんにちは。結婚相談所で夫に出会った、しょうこです。

結婚相談所に入会して婚活する場合、次のような費用がかかります。

  • 初期費用
  • 月会費
  • デート代
  • 成婚料 など

婚活したら、生活が苦しくなるんじゃ……

と心配ですよね。

今回は、次の内容についてお話します。

  • 費用が高いときの対策方法・考え方

結婚相談所で婚活してみたいけど、費用が高くて困っている

という方の参考になれば嬉しいです。

では、費用が高いときの対策方法・考え方を紹介します。

スポンサーリンク

費用が高いときの対策方法・考え方

対策方法・考え方は次の3つです。

  • 費用をなるべく抑える
  • 生活破綻しなければいいと割り切る
  • 資金提供してもらう

では、それぞれの対策について詳しくみていきましょう。

費用をなるべく抑える

まずは、婚活にかかる費用をできるだけ抑えましょう。

抑え方には、次のような方法があります。

  • 通常プランがそもそも安い
  • 法人会員制度を利用する
  • 特別プランを活用する

最近では、初期費用・月会費共に1万円以下の結婚相談所も登場しています。

スマリッジ」という結婚相談所は、オンライン完結にすることで、オフィス代や人件費を押さえて低コストを実現しているようです。

スマリッジについては、次の記事に詳細を書いています。

しょうこしょうこ

今から婚活することになったら、スマリッジも検討すると思います

また、一部の結婚相談所では、法人会員制度を用意しています。

あなたが勤めている会社が、結婚相談所の提携法人であれば、優待価格で婚活することができます。

しょうこしょうこ

私が以前勤めていた企業も、一部の結婚相談所と提携していました

そして、私が実際に活用した結婚相談所「オーネット」では、様々な特別プランを用意していました。

しょうこしょうこ

私は20代女性向けプランを利用したので、入会〜退会の全費用が10万円以内に収まりました。

オーネットの「「プチ婚活」20代女性向け特別プラン」については次の記事で紹介しています。

私が婚活にかけた費用の詳細は、次の記事に書いています。

生活破綻しなければいいと割り切る

結婚相談所の費用のせいで生活破綻しなれば良いだけ

と割り切りましょう。

具体的な方法としては、収入があったとき、先に生活費とは別に婚活費用を取り分けておくだけです。

生活費を多めに使ってしまったせいで、婚活費用のためにローンを組んだりしたくないですよね。

しょうこしょうこ

先取り貯金と同様に、婚活費用も先取りしてしまいましょう

資金提供してもらう

資金提供してもらう方法としては、次のようなものがあります。

  • 親に工面してもらう
  • 株主優待を利用する

「自分自身が結婚に前向き」かつ、「親が婚活を後押ししてくれている」ような状況であれば、親に婚活費用を工面してもらうのもアリです。

ただし、

資金提供してもらうから、親の言いなりの婚活をする

というのは、良くないですよ。

また、パートナーエージェントでの婚活を考えている方は、株主優待を利用してお得に婚活することもできます。

パートナーエージェント100株以上保有の株主になると、次のような様々な優待券を貰えます。

  • 入会時の登録料(30,000円(税別))が無料になる優待券
  • OTOCONパーティー参加料無料優待券 など

パートナーエージェントに興味があって株の購入も考えている

という方は、ぜひオトクな優待制度を利用してくださいね。

まとめ

次の3つの費用が高いときの対策方法・考え方について紹介しました。

  • 費用をなるべく抑える
  • 生活破綻しなければいいと割り切る
  • 資金提供してもらう

費用がかかるから、婚活したいけど諦める

というのは、正直もったいないと思います。

手厚いサポートを希望するのであれば、費用は少し高くなります。

しかし現在は、人件費を抑える等の工夫により、低コストを実現した結婚相談所も多いです。

費用とサポートの手厚さのバランスがとれる、あなた自身に合った結婚相談所を探して、ぜひ婚活にチャレンジしてみてください。

皆さまも、自分に合ったサービスで充実した婚活ができますように!

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました