夫婦2人暮らしの生活費【子なし専業主婦家庭のリアルな家計簿】

夫婦円満

こんにちは。子なし専業主婦の、しょうこです。

夫と結婚してから数年経ちました。

結婚当初は共働きでしたが、現在は専業主婦をしています。

専業主婦になったとき、生活費の見直しには苦労しました。

次の2つの考えのバランスをとるのが難しかったです。

  • 共働きよりも収入が少なくなる分、節約しなければならない
  • なるべくストレスの少ない生活をしたい

今回は、次の内容についてお話します。

  • 私たち夫婦の生活スタイル
  • 生活費の内訳(月々)
  • 内訳の詳細
  • 残ったお金の使い道

結婚したら専業主婦になりたい

生活費を見直したい

という方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

私たち夫婦の生活スタイル

まずは、生活費を決める前提になる、私たちの生活スタイルについてお話します。

私たち夫婦の生活スタイルは、次の通りです。

  • 夫:会社員(私服通勤)
  • 妻:専業主婦
  • 子なし
  • ペットなし
  • 賃貸
  • 親と別居
  • 車1台所有
  • 田舎住まい
  • 自炊多め
  • 温泉・ゲーム好き

ABCash

生活費の内訳(月々)

では、生活費の内訳をみていきましょう。

支出項目金額(円)
家賃40,000
光熱費15,000
通信費4,000
食費30,000
日用品10,000
車維持費(ガソリン、税金、保険等)16,000
保険5,000
娯楽費40,000
夫の小遣い(被服・美容費込)36,000
私の小遣い(被服・美容費込)29,000
予備費(病院代等)20,000
合計245,000

それぞれの項目についてお話します。

家賃(4万円)

2LDKの賃貸に住んでいます。

夫が勤める会社の住宅補助制度を利用しているので、かなりお得に借りることができています。

光熱費(1.5万円)

オール電化なので、電気代+水道代の金額です。

しょうこしょうこ

私が家にずっといるので、冷暖房等で電気代がかかりがちです

通信費(0.4万円)

インターネット付き賃貸なので、インターネット代は無料です。

携帯電話は格安SIMを利用しています。

2,000円/人くらいに抑えることができます。

食費(3万円)

基本的には、スーパーの買い物予算2万円以内ですませます。

家では飲酒せず、お茶も自分で作るので、飲み物代はほとんどかかりません。

次のような例外パターンがあるので、1万円多めにしています。

  • 美味しそうなものを食べに行きたくなった
  • 具合が悪くて出前を頼む

日用品(1万円)

消耗品はなるべく安くなるように、ホームセンターやインターネット通販で大容量サイズを狙います。

化粧水、クリーム、日焼け止め等のケア用品は夫婦で同じものを使うので、日用品扱いです。

車維持費(ガソリン、税金、保険等)(1.6万円)

車維持費は高いのですが、田舎住まいなので1台は必要です。

車はローンを組まずに購入し、車両保険には入らないようにします。

保険(0.5万円)

夫が勤める会社のグループ保険に入っています。

最低限の生命保険と医療保険のみ掛けています。

娯楽費(4万円)

温泉が好きなので、日帰り・泊まりで温泉に行くことが多いです。

また、2人ともゲーム好きなので、ゲームソフト購入費として使うこともあります。

夫の小遣い(被服・美容費込)(3.6万円)

仕事のお付き合いでゴルフに行くこともあるので、私より少し多めにしています。

スーツを着ず、毎日Tシャツ+ズボンという格好なので、被服費はほとんどかかりません。

1ヶ月に1回程度、散髪に3,000円程度かかります。

趣味はゲームですが、購入・課金しても小遣いを使い切ることはほぼ無いようです。

しょうこしょうこ

余った分は貯蓄しているとのことです

私の小遣い(被服・美容費込)(2.9万円)

夫とお出かけする時以外は、ほとんど化粧していません。

花粉等でマスクをする場合は、お出かけ時でもほぼスッピンです。

コスメの減りが遅くなり、購入頻度が下がっているので、費用を抑えられています。

美容院には、2〜3ヶ月に1回行きます。

カット+カラー+トリートメントで7,000円くらいの金額です。

被服代は、月々5,000円も使いません。

ユニクロやGU等のプチプラ服を購入しています。

友人・知人との付き合いはカフェランチが多いので、2,000円/回もあれば十分です

しょうこしょうこ

私もお小遣いを使い切るコトはほとんど無いので、貯蓄に回しています

予備費(病院代等)(2万円)

主に、病院費として使います。

知人への贈り物等に使うこともあります。

残ったお金の使い道

収入から生活費を差し引いた後の、残ったお金の使い道は次のとおりです。

  • 将来に向けた資産形成のための貯蓄・投資
  • ちょっとリッチな旅行をするための資金

まとめ

私たち夫婦の、リアルな生活費(月々)の内訳を紹介しました。

支出項目金額(円)
家賃40,000
光熱費15,000
通信費4,000
食費30,000
日用品10,000
車維持費(ガソリン、税金、保険等)16,000
保険5,000
娯楽費40,000
夫の小遣い(被服・美容費込)36,000
私の小遣い(被服・美容費込)29,000
予備費(病院代等)20,000
合計245,000

光熱費や通信費の見直し+自炊により、固定費を削減しています。

削減した分は娯楽費に回し、ストレスが溜まりにくいように工夫しました

生活費の合計金額・内訳は、次のような要素に左右されます。

  • 子どもの有無
  • ペットの有無
  • 賃貸/持ち家
  • 親と同居/別居
  • 車の有無
  • 住んでいる地域
  • 食生活
  • 趣味

適切な生活費は、各家庭によって全く異なります。

貯蓄目標金額等も踏まえて夫婦で話し合い、納得のいく生活費の予算を組みましょう。

夫婦円満に過ごすためにも、お金の使い方は夫婦でしっかりと考えてくださいね。

皆さまも、納得のいくお金の使い方で楽しい夫婦生活を送れますように!

マネーフォワード ME

家計簿管理をするなら、まずは「支出」を把握することが大切ですが、面倒ですよね。

クレジットカードや銀行口座と連携できるマネーフォワード MEのような家計簿管理アプリを使えば、入力や計算無しに、簡単に収支を把握できますよ。

タイトルとURLをコピーしました