婚活中は要注意!結婚詐欺に遭わないために注意すること

婚活コラム

こんにちは。結婚相談所で婚活して夫に出会った、しょうこです。

婚活市場には、結婚を本気で考えて頑張っている人たちが大勢います。

しかし、その頑張っている人たちをカモにする酷い詐欺師が紛れ込んでいる可能性もあるんです。

今回は、次の内容についてお話します。

  • 結婚詐欺の被害とはどのようなものか
  • 結婚詐欺に遭わないためはどうすればいいのか
  • オススメの婚活方法

婚活したいけど、詐欺が心配……

という方の参考になれば嬉しいです。

まずは、結婚詐欺の被害とはどんなものなのか、みていきましょう。

スポンサーリンク

結婚詐欺の被害

結婚詐欺の被害は、「金銭を騙し取られること」です。

入籍を引き伸ばし、詐欺師は一切お金を使わないまま、姿を消します。

詐欺師は婚活している人の気持ち・状況を利用して、お金を巧みに騙し取っていくのです。

具体的には、どのように詐欺を行うのでしょうか。

詐欺の手口

詐欺の手口の例を紹介していきます。

事故に遭った

詐欺師詐欺師

事故に遭って、車の修理代、入院費用が必要になった

と、事故を口実に金銭を騙し取る方法です。

シンプルで分かりやすい詐欺ですが、

大切な人が事故に遭った

という不安・焦りが判断能力を鈍らせます。

自動車を運転するには、自賠責保険の加入が必須です。

また、ほとんどの人が追加の任意保険に加入しています。

つまり、事故に関するお金は保険で補償できます。

冷静に対応しましょう。

オーネット

親が病気になった

詐欺師詐欺師

親が病気になって入院・手術費用が必要だからお金を貸して

と、親の病気を口実に金銭を騙し取る方法です。

困っている人を助けようとする、心優しい人を騙す非道な手口です。

婚活できるくらいの資金がある人(月に数千円以上を婚活に使える人)であれば、自分自身や親を保険に入れているでしょう。

保険の保障を利用すれば、あなたの助けがなくても大丈夫なはずです。

また、

詐欺師詐欺師

医療費が高額だし、長期入院だから……

という場合もあります。

でも、極端に医療費が高くなる場合は、国民健康保険や社会保険の高額療養費制度で医療費をカバーできます。

すぐにお金を渡さず、まずは保険会社や公的機関に相談する流れにもっていきましょう。

事業に失敗した

詐欺師詐欺師

事業に失敗してお金がなくなったから、貸してほしい

と言われる場合もあります。

でも、企業する際には何かしらの担保や保証人が必要なはずです。

まだ結婚もしておらず、保証人でもないあなたが事業に関する負債を負う必要はないはずです。

最悪、自己破産してもらえばいい話です。

相手が本当に自己破産したらデメリットが大きい

と言うかもしれませんが、お金をつぎ込めば、下手するとあなたまで自己破産することにもなりかねません。

それに、自己破産しても結婚はできます。

結婚前に、相手のトラブルに首とお金を突っ込むのはやめましょう。

結婚式の費用をちょうだい

詐欺師詐欺師

結婚式の費用を渡して

と言われる場合も要注意です。

たしかに結婚式の費用を2人で分担するのは当たり前にあり得る話です。

しかし、あまり早い段階で費用を請求してきた場合は、冷静に状況を再確認してください。

大体の場合、結婚式の費用は、挙式日の数日前までの振り込みとなります。

結婚式まで期間があるのに、費用が必要な場合は怪しいです。

誕生日プレゼントに腕時計が欲しい

詐欺師詐欺師

誕生日だから高級腕時計を買って

と言ってあなたに資産価値のある品物を買わせることもあります。

後で換金すれば、詐欺師は現金を手にすることができます。

入籍前、相手からプレゼントを貰っていない状況で、高い品物をプレゼントするのはやめましょう。

一緒に株式投資を始めよう

詐欺師詐欺師

将来の蓄えとして、株式投資を始めよう

ともちかけるパターンもあります。

いざ投資を始めたら、投資したはずの会社は架空の会社で、まんまと現金を騙し取られるというわけです。

詐欺師は書類を偽造してくることもあります。

本当にオイシイ話であったとしても、それは将来の2人のお金でやればいい話です。

結婚したら、2人のお金で一緒にやろう

と、お断りしましょう。

2人の住まいを買おう

詐欺師詐欺師

2人の住まいを買おう

と言って、詐欺グループが運用する、不当に高い不動産を購入させられるかもしれません。

不動産を購入したら、詐欺師はすぐにあなたの元を去ります。

入籍前は、一旦賃貸で相手の様子を見るようにしましょう。

様々な結婚詐欺の例を紹介しましたが、このような被害に遭わないようにするためにはどうしたらいいかもお話しますね。

オーネット

被害に遭わないためにはどうすればいいのか

被害に遭わないためには、お金を支払わなければいいのです。

大きなお金が急に必要になる場合には、何かしらの保障制度で、ある程度カバーできることがほとんどです。

また、大金を使って何かを契約・購入する前にはじっくり考えるようにしましょう。

間違って購入したら、素早く消費者相談窓口に相談し、クーリングオフ等の制度を利用して対応しましょう。

「入籍前に、大金を担保する義務が急に生じる」という状況は、ほぼ有り得ません。

不安であれば、信頼できる第三者や公的機関に相談しましょう。

では、被害に遭いにくい婚活についても紹介しますね。

オススメの婚活方法

オススメの婚活方法は、「身分証明がしっかりした大手の婚活サービスを利用する」方法です。

詐欺師はあなたから金銭をある程度騙し取った後、あなたの前から姿を消します。

そしてターゲットを変えて、再び同じような手口で相手から金銭を奪い取ることを繰り返すのです。

したがって、詐欺師は「身分が明らかになり、追跡される」状況を避けます。

つまり、身分証明がしっかりとした婚活サービスには、詐欺師が姿を現しにくいのです。

しょうこしょうこ

私は身分証明必須の大手結婚相談所「オーネット」で婚活しました。

身分証明がしっかりとしたデータマッチング型の結婚相談所については、次の記事にまとめています。

まとめ

今回は、次の内容についてお話しました。

  • 結婚詐欺の被害とはどのようなものか
  • 結婚詐欺に遭わないためはどうすればいいのか
  • オススメの婚活方法

結婚詐欺の被害は、「金銭を騙し取られること」です。

詐欺の手口として、次のような具体例を紹介しました。

  • 事故に遭った
  • 親が病気になった
  • 事業に失敗した
  • 結婚式の費用をちょうだい
  • 誕生日プレゼントに腕時計が欲しい
  • 一緒に株式投資を始めよう
  • 2人の住まいを買おう

被害に遭わないためには、お金を支払わないことがポイントです。

不安であれば、第三者の信頼できる人や公的機関に相談しましょう。

詐欺師は「身分が明らかになり、追跡される」状況を避けます。

結婚詐欺に遭うリスクを低くするためには、「身分証明がしっかりした大手の婚活サービスで婚活する」ことをオススメします。

皆さまも、婚活で素敵なパートナーに出会えますように!

あわせて読みたい

オーネット

タイトルとURLをコピーしました