結婚式はしたくない!ナシ婚のメリット・デメリット

結婚式

こんにちは。少人数ウェディング(家族挙式)をした、しょうこです。

私は夫に

夫

結婚式やろう!

と言われるまで、結婚式をするつもりはありませんでした。

いわゆる、結婚式をしない「ナシ婚」派だったのです。

でも、夫と一緒に「ナシ婚のメリット・デメリット」を考えて話し合い、結果として挙式することになりました。

そこで今回は、私たち夫婦が結婚式をするか話し合ったときに考えた「ナシ婚のメリット・デメリット」についてお話します。

結婚式をするかしないか、迷っている

という方の参考になれば嬉しいです。

では、ナシ婚のメリットからみていきましょう。

スポンサーリンク

ナシ婚のメリット

ナシ婚のメリットを3つ紹介します。

コスト削減できる

ナシ婚にすれば、コスト削減できます。

ゲストを呼んで、挙式・披露宴を行うとなると、数百万円という費用がかかります。

ナシ婚にして、結婚式の費用がかからない分、新婚旅行や新生活の準備費用に充てることもできます。

ゲストを決める手間を省ける

ナシ婚にすれば、結婚式に招待するゲストを決める手間を省けます。

結婚式では、できるだけ新郎・新婦それぞれのゲストをバランス良く、同じ程度の人数を呼ぶようにします。

でも、この調整が結構面倒なんですよね。

この人呼んだら、この人も呼ばないと不公平よね……あ、招待する人5人増えちゃった

え、1テーブル分増やすの?俺はもう、呼びたい人はいないよ

みたいな感じで、大変です。

ナシ婚にすれば、こんな面倒な調整をスキップできます。

準備する手間を省ける

ナシ婚にすれば、結婚式の大変な準備をせずに済みます。

結婚式の準備は、することが沢山あります。

  • 式場の場所
  • 装飾決め
  • 料理決め
  • 招待状の準備 

等、パッと出せるだけでもこんなにあります。

共働きしながら結婚準備するなど、2人の時間がうまく作りにくい場合は困難も多いでしょう。

ナシ婚にすれば、結婚式の準備に関するトラブルを回避できます。

では、ナシ婚のデメリットもみていきましょう。

マイナビウエディングフェア

ナシ婚のデメリット

ナシ婚のデメリットを3つ紹介します。

思い出が減る

ナシ婚にしてしまうと、彼とのビッグイベントの思い出が1つ減ってしまいます。

あとで数年経ったときに、

やっぱり思い出として残るように、結婚式やっておけば良かったな

と後悔してしまう可能性もあります。

「結婚」の節目が分かりづらい

ナシ婚だと、

結婚したんだ!

と実感しにくいです。

なぜなら、「入籍」手続きは、婚姻届の紙切れ一枚を役所に提出すれば完了してしまうからです。

「結婚生活スタートの区切りをつける」という意味では、結婚式はオススメです。

結婚報告の手間がかかる

ナシ婚にすると、身の回りの人に、イチイチ結婚報告をしなくてはなりません。

結婚式を行えば、ゲストに対して次のようなことができます。

  • パートナーの紹介
  • これまでの感謝の気持ちを伝える

イチイチ報告する手間が省けますよね。

報告したい人が沢山いる場合も、結婚式をするのがオススメです。

まとめ

ナシ婚のメリット・デメリットを紹介しました。

メリット↓

  • コスト削減できる
  • ゲストを決める・呼ぶ手間を省ける
  • 準備する手間を省ける

デメリット↓

  • 思い出が減る
  • 「結婚」の節目が分かりづらい
  • 結婚報告の手間がかかる

私たちは、ナシ婚のメリットに着目し、結婚式するか・しないか話し合いました。

しょうこしょうこ

簡易的な家族挙式にすることで、ナシ婚のメリットを活かしつつ、思い出もつくることができました

現在は次のように、色々なウェディングのカタチがあります。

  • 家族挙式
  • フォトウェディング
  • 自宅ウェディング など

ぜひパートナーと話し合って、素敵な思い出をつくってくださいね。

皆さまも、納得できるカタチで幸せな夫婦生活をスタートできますように!

あわせて読みたい

本当に

タイトルとURLをコピーしました