入籍・婚姻届提出の当日の流れ

ブライダル

こんにちは。幸せな夫婦生活を満喫中の、しょうこです。

入籍日が近くなってくると、ワクワクしてきますよね。

せっかくの入籍記念日ですから、スムーズに手続きして気持ちよく終えたいところです。

当日の流れについても、あらかじめチェックしておきましょう。

今回は、持ち物チェックから思い出づくりまで、入籍日当日にすることについてまとめています。

入籍日当日ってどうすればいいの?

という方は、参考にしてみてくださいね。

持ち物を確認する

婚姻届を提出するために必要な持ち物は、次の4点です。

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本 or 戸籍抄本
  • 本人確認書類(免許証やパスポート等)
  • 旧姓の印鑑

「戸籍謄本 or 戸籍抄本」は、「自分の本籍地とは別の市区町村」で婚姻届を出したい場合のみ必要になります。

「旧姓の印鑑」は、婚姻届に不備があって訂正する場合に使用するので、必ず持っていきましょう。

婚姻届を提出する

持ち物を確認できたら、提出しにいきましょう。

役所の戸籍を扱っている場所に提出します。

各自治体によって取り扱っている課の名称が異なりますが、「戸籍課」や「市民課」等で取り扱っています。

しょうこしょうこ

私たち夫婦は、手続きに20〜30分程度の時間がかかりました。

役所が忙しい日時だと、手続きにかなりの時間がかかる場合があります。

時間には余裕を持って行きましょう!

また、必須ではありませんが、婚姻届受理証明書を発行しておくことをオススメします。

本当に

婚姻届受理証明書を発行する

婚姻届を提出する手続きと一緒に、婚姻届受理証明書の発行もしてしまいましょう。

私たち夫婦は、次の3つの理由で婚姻届受理証明書を発行しました。

  • 気持ち:「入籍した」という実感が湧く
  • 証明書としての役割:戸籍謄本が更新されるには、1週間程度の時間がかかる
  • デザイン:可愛らしい

気持ち

婚姻届は受理されても、特に結果通知書等は発行されません。

したがって、「入籍した」という実感があまりありません。

しかし、婚姻届受理証明書は、「婚姻届を確かに受理した」という証明書として手元に残ります。

入籍できたことを確認したいのであれば、婚姻届受理証明書を発行すると良いでしょう。

私は婚姻届受理証明書の発行後に、

しょうこしょうこ

入籍できたんだ!

という実感がわきました。

証明書としての役割

戸籍謄本が更新されるには、1週間程度の時間がかかります。

でも、婚姻届受理証明書は、即日発行できることがほとんどです。

私は勤め先の会社の手続きで、夫婦になった証明書が必要になった場合すぐ使えるように、発行しました。

すぐに入籍後の手続きをしたい人は、発行しておくと安心です。

デザイン

私たち夫婦は、ご当地デザインの婚姻届受理証明書を発行してもらいました。

可愛らしいデザインだったので、家の中に飾っています。

交付手数料は300円程度でした。

婚姻届受理証明書は、「入籍」の思い出をカタチとして残すにもピッタリです。

役所での手続きは以上です。

最後に、思い出づくりをしましょう。

思い出づくり

入籍日が素敵な記念日になるように、2人で楽しい思い出をつくってみてはいかがでしょうか。

  • オシャレなディナーに行く
  • 2人の大好きな食べ物をお腹いっぱい食べる
  • 2人の思い出の場所に行く

等、2人でできることは沢山あると思います。

私たち夫婦は大好きなサーティーワンのアイスケーキ(スヌーピーデザイン)を食べました。

何か良いことがあったときや記念日には、ほぼ毎回アイスケーキを食べています。

まとめ

入籍日当日については、次の内容を事前にチェックしておくと良いとお話しました。

  • 持ち物
  • 婚姻届を提出する場所・時間
  • 婚姻届受理証明書
  • 思い出づくり

2人で話し合って計画し、楽しい思い出を沢山つくって下さいね。

皆さまも、入籍日が素敵な記念日になりますように!

マイナビウエディングフェア

タイトルとURLをコピーしました