幸せな結婚生活ができる?サティスファイザーとは【心理学】

夫婦円満

「結婚」って、人生における大きな「選択」ですよね。

その「選択」に対しての考え方のタイプは、以下の2通りに分けられます。

  • マキシマイザー
  • サティスファイザー

今回は、

  • 考え方のタイプ2種類がどんなものであるか
  • 幸せな結婚生活をするために向いている考え方はどちらか
  • 結婚に向いたタイプになるには、どうしたらいいか

をお話します。

幸せな結婚生活ができる考え方を身に着けたい!

という方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

サティスファイザーとは

サティスファイザーの選択の考え方は以下の通りです。

  • 「そこそこ良さそう」と思ったものを選択する。
  • 選択後は、「まあいい感じかも」とおおよそ満足する。

マキシマイザーとは

一方、マキシマイザーの選択の考え方は以下の通りです。

  • 「絶対にこれが一番だ!」と思ったものを選択する。
  • 選択後も、「もっと良いものがあったかも」と満足できず、完璧を求める。

幸せな結婚生活ができるのは

幸せな結婚生活ができるのはどちらのタイプかというと、「サティスファイザー」です。

サティスファイザーであれば、結婚を検討するとき、

この人となら、なんだか上手くやっていけそうな気がする

と、前向きに検討することができます。

また、サティスファイザーの結婚後は

可もなく不可もなし。普通に生活できているし、満足。

と、生活に満足することができます。

それって、幸せなことですよね。

もし、マキシマイザーであれば、結婚を検討する時は

この人よりも、いい人がいるかも。もっと吟味したい。

と、慎重になります。

マキシマイザーの結婚後は

可もなく不可もなし。でも、もっと良い人が他にいたかも……

と、完璧を求めて満足できません。

やはり、結婚生活に満足して幸せを心から感じるためには「サティスファイザー」が向いていそうだと分かりますよね。

サティスファイザーになるには

では、サティスファイザーになるにはどうしたら良いのでしょうか。

完璧を求めるあまり決断できず、結果にも満足できないマキシマイザーが、満足度の高いサティスファイザーに近づくための方法を紹介します。

過度に完璧を追い求めないようにする

完璧でなければいけない

という考えを、やめるように意識してみましょう。

選択の幅が広がり、選択後の満足感が高まりますよ。

自分なりの指標をつくる

ボーダーライン(自分が許せる範囲)を、具体的な数値等で決めてみましょう。

あらかじめ判断軸をしっかりと決めておけば、それに則って決断ができるはずです。

そして、その振り返りと改善を繰り返していきましょう。

第三者になったつもりで物事を判断する

もし、知人や友人があなたにアドバイスするとしたら、どのようにアドバイスをするでしょうか。

一旦「選択」から距離を置いて、客観的に考えてみましょう。

その選択に問題はなさそう

と、答えがアッサリ出てくるかもしれません。

ただし、全ての場面においてサティスファイザーの考え方が正しいわけではありません。

場合によってマキシマイザーとサティスファイザーの考え方をバランス良く使い分けるといいと思います。

幸せを感じる考え方をしてみよう

幸せな結婚生活に向いているのは、「選択に対して満足度の高いサティスファイザーである」と紹介しました。

サティスファイザーに近づきたいのであれば、

  • 過度に完璧を追い求めない
  • 自分なりの指標をつくる
  • 第三者になったつもりで物事を判断する

ということを意識してみると良いかもしれません。

皆さまも、幸せな結婚生活で楽しい毎日を過ごせますように!

タイトルとURLをコピーしました