結婚相談所の婚活でハイスペック男性には出会えるのか

婚活コラム

結婚相談所で婚活する場合、お見合い相手を探す際に希望条件を出すことができます。

せっかく費用を支払って婚活するわけですから、できれば自分の希望に合ったお相手とお見合いしたいですよね。

ハイスペックな男性との出会いを心待ちにしている方もいらっしゃるでしょう。

では、結婚相談所では実際ハイスペックな男性に出会うことができるのでしょうか?

できればハイスペックな男性と出会いたい!

結婚相談所にいる男性のスペックってどんな感じなの?

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハイスペック男性には出会える

結論を言うと、結婚相談所では、いわゆるハイスペック男性に出会うことができます。

私も結婚相談所で実際に活動しましたが

しょうこしょうこ

活動を始める前に想像していたよりもハイスペックな男性が多いな

という実感はありました。

では、どんなハイスペックな男性が多かったのか、詳細をお話します。

ハイスペック男性とは

まず、「ハイスペックな男性」とはどんな男性なのでしょうか。

結婚相談所の男性のステータスで重視されやすい、「年齢」「年収」「学歴」に着目してみましょう。

私が調べた結果、「一般的なハイスペックな男性像」は以下のような男性であると分かりました。

  • 年齢:33歳より若い
  • 年収:477万円より高い
  • 学歴:大学・大学院卒

なぜこのような定義になったか、詳細を説明しますね。

年齢

厚生労働省の「平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況」の「結果の概要」によると、男性の平均婚姻年齢(再婚含む)は33.0歳です。

一般的には年齢が若い人ほど人気があるようですから、「基準年齢は33歳で、それよりも若い人ほどハイスペック」と考えられるでしょう。

年収

では、平均婚姻年齢の33.0歳の年収は一体どれくらいなのでしょうか。

転職・求人情報サイトdoda(デューダ)の「平均年収ランキング 最新版【年齢別】※」によると、33歳男性の平均年収は477万円です。

※2018年9月~2019年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した人の平均年収データを20歳から65歳までの年齢別に集計

一般的には年収が高いほど良いとされていますから、「基準年収は477万円で、それより高いほどハイスペック」と考えられるでしょう。

学歴

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況」の「学歴別」によると、平成30年の30~34歳男性の賃金は次の通りです。

賃金(千円)
大学・大学院卒321.1
高専・短大卒266.3
高校卒255.7

一般的には収入が多いほど良いとされていますから、「賃金の高い大学・大学院卒であるとハイスペック」と考えられるでしょう。

結婚相談所はハイスペに出会いやすい

一概に「結婚相談所」と言っても、色々な結婚相談所があるので、今回は私が婚活して成婚退会した結婚相談所「オーネット」についてみていきます。

先程のハイスペック男性像と比較すると、オーネットにはハイスペックと思われる男性が多く存在することが分かりました。

  • 年齢のハイスペ条件クリア:約34%
  • 年収のハイスペ条件クリア:約62%
  • 学歴のハイスペ条件クリア:約65%

年齢

オーネット「会員プロフィールと成婚実績」の「年齢別構成比(2020年1月1日現在)」グラフより、34歳まで※の男性の割合は約34%であると分かります。

※参照元データの関係で、34歳も含めました。

33歳までがハイスペックと考えると、3人中1人がハイスペックということになります。

しょうこしょうこ

かなり割合が高いですね。

年収

オーネット「会員プロフィールと成婚実績」の「年収別構成比(2020年1月1日現在)」グラフより、男性の約62%が年収500万円以上であると分かります。

しょうこしょうこ

年収1000万円クラスも結構いますね。

年齢別のデータを参照できなかったので、年収条件をクリアしている64%の男性の中には「33歳以下である」年齢条件をクリアできていない人も含まれています。

年収条件をクリアしている約62%の男性のうち、ざっくり約1/3の男性が34歳以下として考えると、約20%の男性が年齢・年収ともにハイスペックであると考えられます。

つまり、約5人中1人が年齢・年収条件を共にクリアしているということです。

オーネットのような大手の結婚相談所であれば、短期間に多くの人との出会いがあるので、ハイスペックな人に出会える確率はかなり高いですね。

学歴

オーネット「会員プロフィールと成婚実績」の「学歴別構成比(2020年1月1日現在)」グラフより、男性の約65%が大学・大学院卒であると分かります。

オーネットに在籍する多くの方が大学・大学院卒のようです。

年収500万円以上の男性が62%であることから、おおよそ学歴と年収の割合が釣り合っているのだなと感じました。

実績のある結婚相談所にはハイスペも多い?

オーネットのような結婚相談所であれば、一般的にハイスペックと言われる男性に出会うことはそれほど難しくないようです。

会員数が多いことに加えて在籍している会員の質も良いことが、オーネットの成婚実績につながっているのかもしれませんね。

オーネットの成婚実績については以下の記事でご紹介しています。

結婚相談所を探す際には、成婚実績についても確認してみると良いと思います。

過度な期待は良くない

ただし、オーネットのようなハイスペが多い結婚相談所であっても、スペックを重視した婚活をする際には注意すべき点が2点あります。

ずば抜けたハイスペには出会えない

通常の結婚相談所では、ずば抜けたハイスペック男性に出会うことは難しいです。

例えば、こんな人たちです。

  • 年収数千万円の会社経営者
  • 年収数億円のスポーツプレイヤー
  • 年収数十億円の資産家

こういった人たちは社交界での出会いも多いはずです。

結婚相談所に在籍するハイスペは「ある組織に所属している中で仕事を頑張る限りの稼ぎはあるけれども、出会いが少ない」というパターンが多いです。

ハイスペだけ選り好みしてはいけない

これからの人生のパートナーを決めるわけですから、すべてをスペックだけで選ぶのは良くありません。

実際にお相手と会って、性格や好み等の相性を確認することも大事です。

気にならないスペックについては、お相手探しの条件に含めずに幅を広げて、より自分にマッチするパートナーとの出会いを求めるのも良いでしょう。

出会った後からが勝負

結婚相談所には、ハイスペはもちろん、社会で色々な経験をされてきた素晴らしい男性が沢山いらっしゃいます。

結婚したい!

という気持ちがある方は、ぜひ結婚相談所で活動してみてください。

ただ、結婚相談所でハイスペ男性や自分の理想とする男性に出会えたとしても、その男性にもあなた自身を気に入ってもらわなければ成婚することはできません。

男性が「結婚したい」と思える女性になるためにはどうすれば良いのかについては、次の記事でご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

皆さまも素敵な人生のパートナーに出会えますように!

あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました