男性が結婚したいと思う女性って?「結婚する」とは、こういうこと

婚活コラム

素敵な男性と楽しい毎日を過ごす結婚生活って、楽しそうで憧れですよね。

しょうこしょうこ

私も結婚前は、素敵なパートナーとの結婚生活に心躍らせていました。

でも、夢見ているだけでは結婚はできません。

素敵な男性と出会うチャンスに飛びつくのはもちろん、男性から選ばれるような女性でいなければならないのです。

そこで、今回は「結婚する」とはどういうことかを踏まえたうえで、「結婚相手」として選ばれる女性になるためのアピール方法をご紹介します。

彼と付き合っているけれど、なかなかプロポーズしてもらえない……

結婚相談所で活動しているけれど、なかなかお見合いがうまくいかない……

と悩んでいる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

カップルと夫婦の違い

法律では、夫婦の関係を次のように規定しています。

夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

民法第752条

夫婦になったとき、おおよそのカップルに以下のような変化の実感があると思います。

  • 家が同じになる
  • 姓が同じになる
  • 家計が同じになる

これらは、「同居し、互いに協力し扶助する」ことを実現するための変化なんですね。

男性の生活・人生が変わる

法律上で扶助を定められた関係になることから、男性にとっても「結婚する」ということは非常に大きな変化です。

男性も軽々しい気持ちで結婚しようとは思いません。

ただ、細かいことを省けば、夫婦ですべき最低限のことはシンプルで「あなたとお相手の男性が互いに協力し、助け合って生活する」ことです。

つまり、あなたが男性から

この女性とだったら互いに協力して助け合えるな

と思われることが、結婚を考える必須条件になってきます。

「彼女にする」理由だったら「若くて可愛い」だけで十分かもしれません。

でも、「若くて可愛い」だけでは、「互いに協力し、助け合って生活できる」かどうかは定かではありません。

まずは、「妻」としての役割を果たすために必要な「互いに協力し、助け合って生活できる」準備ができていることを男性にアピールしましょう。

「妻」になる準備ができていることをアピール

「互いに協力して助け合える」準備ができていることをアピールすると言っても、色々な方法があると思います。

その中でも、生活のベースとなる部分についてアピールできる方法をご紹介します。

理由をつけて意見を述べる

同じ屋根の下、他人と暮らすことになります。

意見のぶつかり合いもあるはずです。

そんなとき、きちんと理由をつけて意見を述べることができれば、相手も話し合いで納得してくれやすくなります。

自分の言い分が通らないからと、泣きわめいたり怒鳴ったりして話し合いが続かないような人では、男性も結婚生活をうまく想像できないでしょう。

男性とお話するときは、相手の意見を受け止めたうえで自分の意見を整理し、冷静に話し合うといいですよ。

何か問題があっても、話し合いでクリアすることができれば

今後の結婚生活の問題も2人で乗り越えられる

と男性に思ってもらえるはずです。

お金を管理する

ほとんどの家庭では、結婚後の夫婦の家計は同じになります。

したがって、あなたもお金の管理に慎重であるアピールは大事です。

貯金や資産運用について男性にお話してみるのもいいと思います。

貯金や資産運用した後のお金の目標金額・用途についても具体的に考えているのであれば、より男性もあなたに信頼を寄せてくれるでしょう。

  • 結婚式のため、100万円を目標に月々5万円貯金している
  • 語学留学するため、30万円を目標に月々3万円貯金している
  • 温泉旅行するため、5万円を目標に500円玉貯金をしている

せっかく汗水流して働いたお金を湯水の如く使われてしまっては、男性も悲しい気持ちになります。

お金の管理や貯金ができることをアピールして、

この女性なら家計が一緒になっても大丈夫だ!

と信頼してもらえるようにしましょう。

簡単に身体を許さない

男性の浮気も気になるところですが、男性も女性が浮気をしないか気にするようです。

男性にとって、「性的な魅力を感じる」ことと「結婚したいと思える」かは別問題です。

簡単にスキンシップをしたり、身体を許してくれるような女性には、男性は性的な魅力を感じるでしょう。

しかし、簡単に身体を許すような女性に対して、男性は

他の男性に対しても同様の対応をしているのでは?

と疑ってしまうようです。

もし浮気の疑いが深まってしまえば、助け合いの夫婦生活が一気に崩壊してしまいます。

男性に浮気の心配をさせないようにすることも大切です。

しっかりとお付き合いを経て信頼関係を築いた後に、男性との関係をより深いものにするためのスキンシップをしましょう。

あまり早期のタイミングで身体を許してしまうと、男性からは少し不審がられてしまうかもしれません。

結婚相談所で婚活しているならば、短期間のお付き合いでも男性の気持ちが真剣か確認するタイミングを見つけやすいです。

  • 両親に挨拶してくれた
  • プロポーズしてくれた
  • 指輪を買ってくれた
  • 同棲を始めた
  • 成婚退会した

等のタイミングで、入籍する前でも男性の気持ちを確認できます。

あなたと男性の気持ちが寄り添っていることを確認したうえで、身体の関係を持つようにしましょう。

私が夫と真剣交際したときも、指輪を買ってもらったタイミングで身体の関係を持ちました。

真剣交際中のお付き合いの流れについては、以下の記事に詳細を書いています↓

健康に対して気遣う

一緒に生活するとなると、互いの健康管理にも気を使うようになります。

男性の健康を気遣うのも、あなたの役目です。

極端な例ですが、あなたが男性に生活を任せきりにしたとしましょう。

朝から晩まで何もせずグータラ過ごし、夜はゲームをしたり、飲みに出かけたり……

そんなことがあったら、お相手もあなたの生活を支えるのに必死になって体調を崩したり、精神的に疲れてしまうでしょう。

  • 美味しい料理を作ってふるまう
  • 一緒に適度な運動をする
  • 夜遅くに電話しない等、互いの生活パターンを考えたお付き合いをする

といった、ほんの少しの健康に対する気遣いで、男性も

この女性となら快適に生活できる

と思えるでしょう。

男性を夢中にさせよう

カップルのときとは意識が異なる「助け合いの生活」という部分にフォーカスして、男性に結婚を意識してもらうためにアピールできることをお話しました。

「妻」になるということは、「夫」となる男性の生活を責任を持って支えることです。

ぜひ、誠意を持って男性に向き合ってください。

そうすれば、男性も自然と

この女性とずっと一緒にいたい!結婚生活が楽しみ!

と思うようになるはずです。

互いの努力の結果、助け合いの夫婦生活が実現できれば、日々の生活がとっても素敵なものになりますよ。

皆さまも、大好きなパートナーと楽しい結婚生活ができますように!

タイトルとURLをコピーしました