≫ ラジオ配信はじめました【stand.fm】

【婚活のリアル】結婚相談所で成婚した私が相手に求めた条件

婚活体験談

こんにちは。結婚相談所でスピード婚した、しょうこです。

婚活では、相手に求める条件を少し変えるだけで、出会える人が一気に増えたり減ったりします。

だから、条件設定はとっても大切なんです。

ただ、状況によって、「ちょうどいい条件」は変わってきます。

そこで今回は、私自身の婚活経験をふまえて、私が結婚相談所で相手に求めた条件について、お話します。

しょうこ
しょうこ

「なぜその条件にしたか」という理由も合わせて紹介するので、考え方が参考になれば嬉しいです。

こんな悩みにお答えします
  • 婚活経験者は、どんな風に考えて条件設定したの?例を知りたい!
  • 婚活の条件設定で、注意することってある?

オーネット

結婚相談所で相手に求めた条件

では、私の婚活相手に求めた条件と、その条件にした理由についてご紹介します。

年収: 500万円以上

私が相手に求めた年収は、「500万円以上」です。

一緒に生活する人を探すので、「金銭感覚が同じくらいの人がいいな」と思っていました。

当時の私の年収が500万円弱だったので、ちょうど良かったと思います。

最初は、世帯年収が800万円程度あれば十分だと思ったので、最初は年収400万円以上に設定しようとしました。

ただ、結婚相談所のアドバイザーさんから、「マッチング人数が多すぎるから、条件設定する意味があまり無いかも。最初は500万円以上に絞ってみたら?」とアドバイスされたので、500万円以上に設定しました。

身長: 170cm以上

私が相手に求めた身長は、「170cm以上」です。

170cm以上の身長を希望した理由は、単純に、私が身長が高い人が好きだからです。

もちろん、身長が170cm以下でも、結婚生活において大きな支障があるとは思えません。

ただ、「ときめきを感じられる人に出会いたい」という願望があったので、身長については、素直な気持ちで条件設定しました。

ちなみに、私の女性の友人は、「背の高い人は威圧感があるから好きじゃない」と言っていました。

彼女は、身長160cmくらいの人と結婚しました。

しょうこ
しょうこ

好みは本当に人それぞれです。

年齢: 39歳以下

私が相手に求めた年齢は、「39歳以下」です。

15歳程度上までならOKだと思いました。

ジェネレーションギャップは気にしていませんでした。

しょうこ
しょうこ

むしろ、「自分と違う世代の話を聞けるなら、面白そう」と思っていました。

ただし、寿命について考えたとき、1人になる時間が長くなりそうなのは嫌だったので、39歳以下に絞りました。

学歴: 中卒以上

私が相手に求めた学歴は、「中卒以上」です。

義務教育さえ終えていれば、特に問題ないと思いました。

学歴が中卒や高卒でも、立派にお仕事をして社会貢献している人たちは、大勢います。

ちなみに、有名なアップル社の共同設立社の一人であるスティーブ・ジョブズは大学を中退しています。

極端な例ですが、もしジョブズが婚活市場に現れたら、学歴は「高卒」です

しょうこ
しょうこ

学歴の条件設定で、いい人と巡り合うチャンスを逃すのはもったいないと思い、この条件にしました。

タバコ: 吸わない

私が相手に求めたタバコの条件は、「吸わない」です。

合法的な嗜好品なので、他人が吸っているだけで私に害が無い場合、特になんとも思いません。

でも、結婚相手に対しては別です。

結婚相手がタバコを吸うデメリットが多すぎます。

パートナーがタバコを吸うデメリット
  • 中毒性があって定期的に消費するため、固定費としてお金がかかる
  • タバコを吸う場所を探す・吸う時間がかかり、時間ロスになる
  • タバコの能動・受動喫煙による健康被害があった場合、治療費がかかる
  • 部屋・衣服の消臭の手間・時間がかかる
しょうこ
しょうこ

結婚相手がタバコを吸う場合のお金・時間のロスが大きすぎると思いました。

居住地: 私と同じ居住県

私が相手に求めた居住地の条件は、「私と同じ居住県」です。

私は、結婚前〜結婚後しばらくの間、フルタイムで仕事をしていました。

オフィスに通える場所に住みたかったので、私と同じ県に住んでいる相手を希望しました。

結婚相談所で出会った夫は、条件に合う人だったのか

私はこの条件設定で婚活し、入会から2ヶ月以内に成婚退会しました。

しかし実は、結婚相談所で出会った夫は、条件に合う人ではありませんでした

夫のスペック
  • ○年収: 500万円以上
  • ○身長: 170cm以上
  • ○年齢: 39歳以下
  • ○学歴: 中卒以上
  • ○タバコ: 吸わない
  • ×居住地: 私と同じ居住県

なんと、夫が婚活時に住んでいた場所は、私の居住県ではなかったのです。

しょうこ
しょうこ

居住地の条件を狭めたのは、失敗だったと反省しています。

私と夫は、結婚相談所主催のイベントで出会いました。

だから、希望条件と夫のスペックが違っていても、出会うことができたのです。

もし、データマッチングによる紹介書だけに頼っていたら、夫に出会えていませんでした。

私の婚活を振り返ってみると、次のような学びがありました。

出会いのチャンスを逃さないためにすべきこと
  • 条件設定を、狭くしすぎないようにする。
  • 紹介書だけに頼りすぎず、イベントや検索など、色々な出会いの方法を試す。

条件設定を参考にするときの注意点

条件設定を参考にするときの注意点は、「条件から外れた人は、婚活相手として絶対ダメだ」と思い込んではいけないということです。

私のように、「希望条件から外れた人が、運命の相手だった」ということもあります。

じゃあ、条件設定する意味ないじゃん!と思うかもしれません。

ただ、条件設定することには、メリットがあります。

それは、「決断しやすくなる」ということです。

例えば、「年収400万以上で、年齢が45歳までだったら会ってみよう」と決めておいて、条件に当てはまる人が現れたとしましょう。

この場合、「会うべきかな?」と悩まず、すぐに会う約束をするための行動を起こしやすいはずです。

しょうこ
しょうこ

設定した条件は、「自分自身の行動を促すための基準」と捉えると良いでしょう。

したがって、条件を決める際は、「あなた自身が考えた、納得できる理由」があることが大事です。

考えるの面倒くさいし、とりあえず一般的な条件と一緒にしておけばいっか。

と、流されないようにしましょう。

あなたの未来の結婚生活を想像しながら、必要な条件を設定してくださいね。

まとめ

今回は、私自身の婚活経験をふまえて、私が結婚相談所で相手に求めた条件について、お話しました。

私が結婚相談所で相手に求めた条件
  • 年収: 500万円以上
  • 身長: 170cm以上
  • 年齢: 39歳以下
  • 学歴: 中卒以上
  • タバコ: 吸わない
  • 居住地: 私と同じ居住県

条件設定をするときの注意点は、「条件から外れた人は、婚活相手として絶対ダメだ」と思い込んではいけないということです。

設定した条件は、「自分自身の行動を促すための基準」と捉えると良いでしょう。

あなたの未来の結婚生活を想像しながら、「納得できる理由」を考えつつ、必要な条件を設定してくださいね。

皆さまも、婚活で素敵なパートナーに出会えますように!

オーネット

タイトルとURLをコピーしました